自然電力について

ABOUT US

OUR STORY

未来のための事業を。

未来のための事業を

自然電力は、2011年6月、3人の30代前半の若者によって設立されました。
創業者3人の出会いは2005年ごろから共に働いていた風力発電会社に遡ります。

幼いころから長野や北海道、カリフォルニアの自然に親しみ、同時にこの地球に起こりつつある自然環境の変化や、有限のエネルギーによって引き起こされる争いを目の当たりにし、自分たちにできることを模索するうちに自然エネルギー業界に足を踏み入れた磯野謙。栃木の豊かな自然に囲まれて育ち、海や山に親しみ、趣味のサーフィンをするうちに、傍で回る風車の存在に興味を持ち始めた長谷川雅也。「人が生きるために役に立つ仕事を」と、戦後日本の復興期に起業した祖父が遺した言葉を胸に、学生時代、偶然に関わることなった風力事業で、インフラ事業の可能性に感銘を受けた川戸健司。こうしてそれぞれの想いを胸にした3人は、ある風力発電会社で出会いました。

東日本大震災から3か月後に自然電力を設立

2011年3月11日。未曾有の大地震・津波が、東北地方を中心とした東日本を襲い、福島第一原子力発電所の事故は、日本のみならず世界へ衝撃を与えました。当時、同じ風力発電会社で働いていた3人は、それまでも自然エネルギーが持つ、地球環境への負荷低減や安全性・持続可能性などの可能性を信じて事業に取り組んでいましたが、この時、その気持ちは確信へと変わりました。「より良い未来をつくるためには、人のせいにせず、自らが行動を起こし、本気で問題を解決していく必要がある」「自分たちができる最大の復興支援・社会貢献は、自然エネルギーを広げていくことである」と。そうして彼らは、東日本大震災から3か月後に自然電力を設立しました。

事業の立ち上げ時には困難もありましたが、 挑戦を続けることで少しずつ前に進んでいます。2012年には熊本県合志市にて、初のメガソーラー発電所が完成し、その翌年には世界最大級の自然エネルギー開発・EPC(設計・調達・建設)会社である、ドイツのjuwi(ユーイ)株式会社との国際ジョイントベンチャー、juwi自然電力とjuwi自然電力オペレーションを立ち上げました。

「ゼロからエネルギー会社を興す」なんて無謀なことに思えたでしょう。実際にこの7年間で幾度となく大きな壁にぶつかってきました。しかし、「自分の想像できる範囲が、同時に自分の限界である」と信じてここまで進んできた3人の志は、「エネルギーから世界を変える」という自然電力の理念となり、多くの仲間の共感を得てきました。今では160名を超えるクルー(従業員)だけでなく、多くのお取引先や地域の方がたと共に、自然エネルギーがつくることのできる美しい未来へ、あくなき挑戦を続けています。

これからも、日々変化する自然を楽しむように、信念とともに道なき道を進み、わたしたちの未来を切り拓いていきます。

創業者・代表取締役:川戸健司、磯野謙、長谷川雅也(左から)
創業者・代表取締役:
川戸健司、磯野謙、長谷川雅也(左から)

OUR CREW

川村 美子
川村 美子

自然電力
コーポレートサービス部門/PR部

「戦争のない世界を」

幼少の頃に知った原爆の悲惨さが、わたしの「戦争のない世界をつくりたい」「そのために自分に何ができるか?」という探求につながっています。この壮大なテーマに対して、わたしは人のもつ「想像力」に期待を寄せ、戦争の火種となる社会問題について、わたしたちの「無関心」を「関心」に変えることで、大きな力にしていきたいのです。「エネルギー」はわたし自身未知の領域でしたが、世界中の誰もが必要としているからこそ争奪の歴史があり、地球温暖化は人間の安全保障にも影響を及ぼすなど、知れば知るほど、ピースフルでサステナブルな未来のためにチャレンジしなくてはならない要素。今は、自然エネルギーを広めることが一つの答えになると信じて、日々奔走しています。

北 俊宏
北 俊宏

juwi自然電力
プロジェクトマネジメント部

「ごみ問題と向き合って」

発展途上国のゴミ山や、国内の廃棄物不法投棄問題。高校生の頃、今の自分たちの便利な生活のために人類にとって重要な問題を先送りにしていいのだろうかと、ごみ問題に興味を持ちました。同時期に読んだ「お-い でてこ-い」(星新一『ショートショート』)にごみ問題の本質を見たのも大きなきっかけです。大学卒業後は、廃棄物処理やリサイクル事業の会社に勤め、その後は青年海外協力隊で、発展途上国のゴミ問題に関わりました。2011年に東日本大震災による原発事故が起き、捨て場の無い核廃棄物の問題が明るみになったとき、エネルギーがこれからの自分の仕事だと確信しました。今までも、そしてこれからも、仕事を通して環境問題、特にごみ問題の解決に貢献していきたいです。

Uli Goeltenbott
Uli Goeltenbott

自然電力
未来創造室

「エネルギーを身近に」

私が6歳の時、父は古い家を買って改装を始めました。数年間の東アフリカでの生活で、少しのエネルギーで生活する知識を得た父は、可能な限りグリッドから自立した家を作りたかったようです。それはチェルノブイリ原発事故の年でもありました。結果、完成したオフグリッドの家では、家族みんなでエネルギー使用量を意識することが重要でしたが、電気を節約することは負担ではなく、むしろ健康を保ち、質の高い生活を送る方法でした。今、私自身が父親です。家族とどのような環境や家で暮らしていきたいか考えています。一人でも多くの人がエネルギーについて(そして健康や生活についても!)考えるきっかけを、自然エネルギーはつくれるのではないかと信じています。

濱田 省二
濱田 省二

自然電力
太陽光開発部

「豊かな土地を、未来に」

この業界に興味を持った直接のきっかけは温暖化でしたが、開発部として色々な地域に足を運ぶにつれ、「エネルギーから地域の過疎化問題を解決したい」と強く思うようになりました。過疎化は様々な要因が複雑に絡んでいますが、その一つに持ち主も不明な、荒れた土地が増えていることが挙げられます。自分の地元もそうですが、日本にそういう土地が、場所が増えてしまうのは寂しい。より良い未来をつくるためにも、豊かな土地はやはり欠かせないものです。その点、自然エネルギーは土地の有効活用に打ってつけです。誰のものか分からなくなり、誰も手を付けられない状態になってしまう前の解決策の一つとして、自然エネルギーをもっと広めていきたいと思います。

平吹 徹
平吹 徹

自然電力
発電事業部

「極北の自然の営みを想う」

今から40数年前、当時アラスカ大学の学生だった私はマイナス40℃以上の厳寒期が終わって迎える現地の春が大好きでした。永久凍土に生える低木から芽吹く新芽を見て、氷に閉ざされたキャンパスで雪解け水の音を聞くと「自然に囲まれ生きている」ことを実感出来ました。ところが80年代後半から急速に進んだ地球温暖化によって永久凍土が減少し、実際に立ち入ることができなくなった国立公園もありました。温暖化による環境変化は人間生活だけでなく、生態系にも大きな影響を与えています。アラスカのみならず、世界各地で起きている自然破壊から地球を守るため、エネルギーと真剣に向き合い、少しでも地球温暖化に歯止めをかけることが出来ればと思っています。

FACTS

沿革

2011年6月

自然電力株式会社を設立

2012年12月

グループ初の太陽光発電所「合志市・熊本製粉太陽光発電所(熊本県)」(1MW)が完工

2013年1月

juwi AG(ユーイ、本社:ドイツ)と合弁会社juwi自然電力株式会社を設立

2013年5月

juwi AGと合弁会社juwi自然電力オペレーション株式会社を設立

2014年10月

自然電力本社を福岡に移転
※juwi自然電力、juwi自然電力オペレーション本社は東京

2016年3月

ケネディクス自然電力ファンド設立

2017年2月

東京ガス株式会社と資本業務提携契約を締結

2017年11月

電力小売事業への参入と「自然電力のでんき」販売開始

2017年12月

グループ初の小水力発電所「小布施松川小水力発電所(長野県)」が着工

2018年2月

グループ初の風力発電所開発案件「唐津市湊風力発電所(佐賀県)」(2MW)が完工

事業内容

発電所をつくる
企画・開発・資金調達
企画・開発・資金調達
設計
設計
機器調達
機器調達
建設
建設
発電所を運営・管理する
運営・保守・アセットマネジメント
企画・開発・資金調達
電気を販売する
電力販売・販売サポート
電力販売・販売サポート

自然電力の実績

[グループがつくった発電所の総発電量]

181MW

75000世帯分※1

約75000世帯分

神奈川県鎌倉市の
年間電力使用量

神奈川県鎌倉市の年間電力使用量
[つくった発電所数]

全国60箇所以上

全国60箇所以上
[CO2削減量]

13万トン/年※2

スギの木 約930万本分※3

スギの木約855万本分

従業員数の推移

従業員
年度
3人
3
2011
25人
25
2013
101人
101
2015
137人
137
2017
166人
166
2018

従業員の国籍

累計23ヵ国

※インターン生含む

従業員の年代

年代別人数構成
  • 20代 29人
  • 30代 73人
  • 40代 23人
  • 50代 13人
  • 60代 21人
  • 70代 4人