『気候変動勉強会/Climate Reality Project in Tokyo Office』レポート

編集部staff

編集部staff

こんにちは、編集部の石川です。

今日は、社内有志による勉強会「気候変動勉強会/Climate Reality Project in Tokyo Office」の内容をご紹介します。


暮らしのカケラ -spice of life with denki –

楽しく、快適に電気と暮らすアイデア、時々エシカルについて考えるコーナーです。

今回の勉強会講師を務めたのは、以前このブログにも登場している佐藤。佐藤は、「Climate Reality Leadership Corps Training(※)」に参加し、気候変動を学び、行動し、伝えるための「Climate Reality Leader」に認定されています。ちなみに、自然電力グループでは、彼女の他8名がこのトレーニングに参加しています。

 ※元アメリカ副大統領で映画『不都合な真実』の主演者でもあるアル・ゴア氏が世界中で 実施するプログラム。2019年10月2日・3日の2日間、日本で初めて開催され、全国 から約800名が参加。

社内から「内容をシェアしてほしい!」という声が多数あり、先日、約20名参加のもと気候変動勉強会が開催されました!

特に印象に残っているトピックをいくつかご紹介しようと思います。

1.アオウミガメのメス化が進行

気候変動によって海水が酸化し、その結果、アオウミガメの繁殖地として知られているオーストラリアのグレートバリアリーフでは、アオウミガメの9割がメスという事象も発生しているようです。海水温の上昇によってメス化が進む・・・つまりは絶滅の危機に瀕しているという、とてもショッキングな内容です。

日本でも屋久島の永田いなか浜がウミガメの産卵地として有名ですよね。あの神秘的な光景が日本でも確認できなくなる日がやってくるのでしょうか・・・

こちらの動画は、絶滅の危機にさらされているウミガメのために世界の海の1/3を保護区にしようという動きです。

出典:国際環境NGOグリーンピースジャパン


2.北極圏で記録的高温、氷床融解が進む

2018年7月初旬、シベリア北部の気温は通常より22℃上昇。

雪のない山々を背景に、雪面が溶けたであろう水の上を歩きながら犬ぞりを引く犬たち(※写真転載NGのため、掲載できませんが、「北極 犬ぞり 温暖化」等でWEB検索していただくと見ることができます)。

私が知っている犬ぞりレースは、吹雪の中、過酷な環境下でも雪原をワイルドに走る犬たちの姿です。

世界の地上気温の経年変化(年平均)
IPCC第5次評価報告書 全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト


3.家畜と温暖化の関係

先日のブログにも取り上げましたが、牛のゲップやおならには大量のメタンガスが含まれており、温室効果ガスの原因の一つとして問題視されているとのこと。

全世界のCO2排出量の18%が家畜業関連と言われており、それは飛行機や列車、自動車、船などに使われる全ての輸送に関わる排出量と同等とのこと。牛だけではなく、家畜と温暖化が密接な関係があるということを改めて知ることが出来ました。       


勉強会後の意見交換では、気候変動に対し、いかにCO2を削減していくかなど根本的な解決策はもちろん必要ですが、今後間違いなく起こるであろう事象に対して、どう適応していくかが鍵、という意見も出されていました。

自然電力が発信しているブログ『HATCH』に「CO2濃度の上昇による気候変動の影響への対方法としての緩和策・適応策の重要性」という記事が掲載されているので、こちらもぜひご覧ください。

数々のセンセーショナルな内容に衝撃を受けつつも、未来のためにサステナブルな地球環境を残していきたい!という想いを改めて感じた勉強会でした。

そこで、わたしのアクションプラン!

無理ない範囲で家族を巻き込んで「週末vegan night」を実践してみようと思っています!

先日、豆腐を使ったそぼろ風ごはんとと卵抜きのチヂミ作りに挑戦してみました!子供たちにも好評で美味しくできたので、今後も家族にも環境にもHAPPYなメニューに挑戦していきたいです♪

この記事を通して、皆様がそれぞれのアクションプランを考えるキッカケになれば、うれしいです。


出典:

「温暖化でウミガメの99%がメスに、オーストラリア」National Geographic (2018.01.10)
・IPCC AR5 Synthesis Report – Climate Change 2014
https://www.ipcc.ch/site/assets/uploads/2018/05/SYR_AR5_FINAL_full_wcover.pdf
・ afpbb 「温暖化ガス排出食」の王者は牛肉、畜産分野の約80%
https://www.afpbb.com/articles/-/2572329