代表 磯野謙スピーチ(第11回コモンズ社会起業家フォーラム)/東京オフィス分室移転しました。「青い地球を未来につなぐ」ためのイノベーションセンターです。

編集部staff

編集部staff

こんにちは。編集長のふなつです。今回は自然電力 代表の磯野謙のスピーチと、先日お引越しした東京オフィス分室の様子をご紹介します。


Voltage-今月のあの人-代表 磯野謙スピーチ(第11回コモンズ社会起業家フォーラム)

このコーナーは、「人」に焦点をあて、読んで(観て)いて元気になる内容をお伝えしていきます。

今回は、自然電力 創業者であり代表の磯野謙が、「第11回コモンズ社会起業家フォーラム」(2019年10月)でスピーチをした際の動画をご紹介します。

「社会課題解決のために自ら行動を起こした11名のリーダーたち。」の一人として、マイク一本と想いだけを手に、7分間のスピーチを行いました。

「己を責めて人を責めるな」という言葉に出会い、2011年3月の東日本大震災から約3か月後に自然電力を立ち上げた磯野。

「自分たちが明日から何をすればいいかというのは、なかなか難しいと思うのですが、重要なことは、目の前の選択ができることだと思います。

日々、ここに来ることも、会社を選ぶことも、そして目の前の、何を買うかということも。すべて選択ができます。そういった一つ一つの選択、ことを知って何を選ぶかということが重要なのではないかと思います。」

エネルギーという大きなことも大切ですが、日々の暮らしで何気なく選んでいることも、一つひとつ考えながら選ぶマインドに切り替えること、とても大事だなと改めて思いました。


News -お知らせ-東京オフィス分室が移転、「青い地球を未来につなぐ」ためのイノベーションセンターです。

先日、東京オフィス分室が、通称「いちごビル」(文京区本郷)に移転いたしました。新オフィスはコンセプトをゼロから考え、オフィス移転チームがこだわって完成させました。さっそく、新東京オフィス分室を覗いてみましょう!

まず、入ってみて感じたのは、開放的で能動的な空間、という印象です。

コンセプトは、自然電力のPurpose「青い地球を未来につなぐ」ための、イノベーションが生まれる場所。内外的な交流の場所となり、新しい何かのヒントが常に生まれる場所として、コミュニティを活性化させていくために、オープンで、多様な種類のワークデスク(フリーアドレスです)やエリアが用意されています。

ラウンドテーブルエリアでミーティング中の社員。

サステナビリティにもできるだけ配慮しています。旧オフィス分室のガラスやドアを再利用したり、発電所をつくるために伐採した木材を活用し、エントランスの待合椅子、受付台、会議室サインボードなどに利用予定です。

さらに、こちらのカフェスペース。コミュニケーションしやすいようにと、カウンターテーブルが設置されています。ここでは、「自然電力のでんき」のGreen Partnerである「Blue Bottle Coffee」のコーヒーも淹れられるようになる予定です。楽しみ!

エリアが変わるとまた違ったアイデアが出てきそうです!

今後は、外部パートナーさんによるワークショップやイベントの場としても活用できるようにしていく予定で、さまざまな方の力をお借りしながら、この場を活性化していくそうですよ!