最近の自然災害はなぜ被害が大きくなっているの?/今日からできる「Our Action」(食編)

編集部staff

編集部staff

こんにちは!編集長のふなつです。今日は編集部員の石川が記事を作ってみました!それでは、本日のコンテンツです。


でんき何でもQ&A

このコーナーは、でんきに関する疑問あれこれにお答えてしていくコーナーです。
※皆様からのご質問を募集しています!こちらのアンケートにお答えいただけますとうれしいです!

今回は、編集部員の石川が担当します。

はじめまして、石川です。せっかくなので、すこしだけ石川について。前職の地銀から一転、「愛する息子たちの未来に繋がるような仕事がしたい!」という想いを抱え悶々としていた時に、運命的に自然電力に出会い、縁あって仲間となり約半年。周りのアツい方々から、たくさんの刺激をもらい、日々奮闘しています。わたし自身、このブログを通して日々の生活で疑問に思ったことやを自然電力の魅力をどんどん深堀し、皆様にお届けできたらなぁと思っています。それでは、早速今回の疑問です!

Q.昨年は台風15号、19号の甚大な被害ありました。私も自宅が停電しないかととても不安な1日を過ごしたのですが、最近、日本各地では、台風の度に被害が出ているように感じます。これにはどんな原因があるのでしょうか? 

本当に、最近は自然災害が多いですよね。石川が調べたところによると、2つの現象が 関連しているようです。

現象1:地球温暖化により気温の上昇、海面が上昇している

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)によると、地球温暖化による気温の上昇、海面の上昇が加速しています。世界では過去100年で19㎝も海面水位上昇し、近年その上昇傾向が加速しているといわれています。

日本でも、平均気温が1898年の統計開始以降、様々な変動を繰り返しながら上昇しており、長期的には100年あたり1.24℃の割合で上昇しています。特に1990年代以降、高温となる年が頻出しており、農作物の不作や熱中症患者の増加などにも影響が出ています。

現象2:気温が上昇、海水温が上昇すると、台風の発達が活発化&速度は遅くなる

昨今は台風が発生する度に「過去最大級の勢力」という言葉を耳にしますよね。

気温が上がり、海水温が上昇すると台風はより発達し、さらにスピードは遅くなるとされています。暖かい大気がより多くの湿気を保つことで大雨にもつながっています。海水面の上昇によって高潮の頻度が増えるともいわれています。

こうして、地球温暖化による大気中や海水温の上昇が、昔よりも多くの水蒸気が一気に発生するようになったため、年々台風の勢力が増し、台風の度に日本各地に甚大な被害が出ている状況です。

Q.では、この気候変動に対して、私たちは何か手を打つことはできるのでしょうか?

地球温暖化は、CO2を大量に含む温室効果ガスの増加が影響しています。

日本では、CO2排出量の41.3%が、エネルギー部門、主に電気を作り出す過程で発生しています。2011年の東日本大震災以降、日本の石炭や天然ガスの化石燃料による火力発電への依存が高くなっていることも関連しています。

           世界のCO2排出の推移      carbon dioxide information analysis center

今回、台風をきっかけに地球温暖化について調べてみて、毎日の生活に欠かせない電気が、地球温暖化を加速させる要因の一つであることが、とても大きな衝撃でした。

自分には何ができるだろう?そう考えたときに、環境への負荷が少なくCO2を排出しない自然エネルギー由来の電気を使うという選択は、未来の地球のためにできる身近な一歩だと思いました。

<出典>
・全国地球温暖化防止活動推進センター:IPCC第5次評価報告書特設ページ
・気象庁:日本の平均気温 
全国地球温暖化防止活動推進センター:日本の部門別二酸化炭素排出量(2017年度)
・NATIONAL GEOGRAPHIC :より遅く危険になる台風、上陸後の速度は30%減 


暮らしのカケラ – spice of life with denki –

楽しく、快適に電気と暮らすアイデア、時々エシカルについて考えるコーナーです。
今回は、「Our Action」とし、気候変動を抑えるため、私たちが今日からできるアクション(食編)です。

1.ロスをなくす

必要なものを、必要なだけ買うようにします。それでも余らせてしまったら、冷凍保存やスープなどの保存食、瓶詰めの保存などにします。

2.包装はシンプルなものを選ぶ

お菓子・野菜など、プラスチックに何重に包まれたものをスーパーでも目にしますよね。

包装、そんなに必要か、買う前に考えてみます。

3.なるべく近くでとれたものをいただく

フードマイレージ(食料の輸送距離)の少ない食材を選ぶと、必然的に旬のもの、身土不二に基づくものをいただけることになりますね。

いかがでしょうか?

どれも意識を少し変えるだけですぐにできそうな感じがしますね。私もいつものお買い物から、(つい冷凍庫にため込みがちなのですが・・・)行動に移していきたいと思います。