実は10分でできる!電力会社切り替えの基礎知識

2018.2.6.

すべて,でんき

HATCH編集部staff

HATCH編集部staff

電力会社の切り替えが簡単にできること、ご存知ですか?

私たちの日々の暮らしの中で欠かすことのできない「でんき」。
2016年4月に始まった電力自由化によって、ご家庭やオフィスなどで使う電力会社を選べるようになってから、もう少しで2年が経とうとしています。

従来からの大手電力会社を始め、一般家庭に電気を販売できる「登録小売電気事業者」の数は、今や全国で453社(2018年1月25日現在・資源エネルギー庁HPより)。その中から何を基準に電力会社を選べばいいのでしょう?
そもそも電力会社によって何が変わってくるのでしょう?

「でんき」を選ぶとは

「でんき」を選ぶ、という感覚がピンとこない方も多いと思うので、日々消費するものとして、「野菜」に置き換えてみます。

みなさんが「野菜」を選ぶ基準はなんでしょう?

まずはもちろん価格かと思います。けれど、価格だけではなく、例えば「オーガニックがいい」「生産者の顔が見えるものがいい」「地産地消がいい」といった基準もありますよね。

「でんき」も同じです。

価格の安さを売りにしている、自然エネルギーを扱っている、発電方法・電源構成などでプランを選べる、地域を活性化させるための取り組みを行っている、等々さまざまなこだわりを持った電力会社から、毎日使うでんきを選ぶことだってできるのです。

作業時間はたったの10~15分!

電力会社を選ぶ(切り替える)というと、すごく大変な作業に聞こえるかもしれません。しかし実際は、作業自体は10~15分で済みますし、店舗に出かけて申し込みをしたり、今使っている電力会社との解約手続きをしたりする必要もないんです。価格の変化が心配な方も、多くの電力会社のWEBサイトでは、切り替え後のおおよその料金を料金シミュレーションで試算することができます。

以前も『HATCH』では「“実はとても簡単! 電力会社を乗り換えるために知っておくべき基礎知識”」というタイトルで、電力会社切り替えについて詳しく紹介しました。今回はその中の「電力会社切り替えの具体的なステップ」についてもう一度おさらいしてみます。

電力会社の切り替えの主なステップ

①   現在ご契約の電力会社から毎月ご自宅に届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票※)を用意する

②  自分のニーズ・価値観・ライフスタイルに合った切り替え先の電力会社を選ぶ

③  料金シミュレーションを試して金額感やその他のポイントを確認

④  納得できたらWEBなどからお申し込み(現在ご契約の電力会社への解約届けは不要

※検針票の呼称は電力会社ごとにさまざまです。ポストに投函されている場合のほか、新電力(既存の大手電力会社(旧一般電気事業者)以外)では、ウェブサイトの会員ページでの確認となる場合もあります。

みなさんの作業は、これでおしまい。

その後は電力会社側の作業となり、通常、お申し込みからおよそ3週間前後で、新しい電力会社からの電力供給が開始されます。

みなさんは、①「電気ご使用量のお知らせ」などの検針票(電力会社によって呼称は変わります)が手元に届いたら保管しておき、②それを使って、切り替えたい電力会社に申し込みの手続きをするだけです。今契約している電力会社に解約手続きをする必要はありません。新しい電力会社に申し込めば、あとは自動的に切り替え手続きが進みます。申し込みに必要な時間は、通常10分から15分くらいです。

申し込み前に確認すべき点

①「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)とは?
毎月、郵便ポストに入っているのを見たことはありませんか?
あまり気にしたことのない方もいらっしゃるかもしれません。これは、月に一度、自宅に届く電気代の明細書です。まず、検針票が届いたら、捨てずに保管しておいてください。お申し込みに必要な主な情報は、たった2つだけ。

① 地点番号

② お客様番号(または契約番号)

※皆さんの中には、WEB明細書に切り替え済みの方もいるかもしれません。その場合も、同様の情報が、ご契約の電力会社ウェブサイトの「会員ページ」等から取得可能です。

②自分に合った電力会社を選ぶ
現在453社もある電力会社。自分のニーズ・価値観・ライフスタイルにあった電力会社を選びたいですよね。

新電力会社は大小多く存在しますが、企業、商店、家庭向けの電力販売を行う事業者は小売電気事業者としての登録が条件です。登録を受けるには電力広域的運営推進機関への加入、そして経済産業大臣と電力取引監視等委員会の審査を通過する必要があります。登録された小売電気事業者は、経済産業省の外局である資源エネルギー庁のホームページ内に掲示されます。

登録小売電気事業者一覧 – 資源エネルギー庁

新電力会社一覧(一言説明付き) – 電気代比較.com

③料金シミュレーションを試す
多くの電力会社のWEBサイトでは、料金シミュレーションができるようになっています。興味のある電力会社のWEBサイトにて、ご自身の電力使用量(「電気ご使用量のお知らせ」など検針票に記載されています)を目安に、料金がどのようになるか試してみましょう。なお、これらのシミュレーション結果はあくまで参考値ですので、注意しましょう。自然電力の料金シミュレーションも是非お試しください。

④納得できたらWEBなどからお申し込み

ここまでくれば、あとは申し込みをするのみです!

最近はWEBサイトから簡単に申し込めるところが多いので、ご自身の都合に合わせて、思い立ったらすぐ、簡単に電力会社を切り替えることができます。

 

いかがでしたか?

「でんき」を選ぶことにどういうメリットや意味があるのか、一見分かりづらいかもしれません。けれど、「でんき」を選ぶことは、ご家庭の経済を考えることであると同時に、ご自身のライフスタイルや社会とのつながりを考えることでもあります。野菜を選ぶように、毎日使う「でんき」を自分自身で選んでみませんか?それが、気持ち良い生活に近づくための一歩になりますように。

「自然電力のでんき」に申し込みたい!

自然電力が提供する、自然エネルギー志向の「自然電力のでんき」についてもっと知りたい、お申し込みをされたい方は、「自然電力のでんき」ウェブサイトをご覧ください。お電話やメールでのお問い合わせなどで、電力会社切り替えのご相談も承ります。お気軽にご連絡ください。