サイトをシェア

サービス内容 SERVICE

サイトをシェア twitter facebook
01

「自然エネルギー100%のでんき」を
お届けします

自然電力がお届けする電気は、非化石証書(FIT)を、供給電力分購入することで(※2)、実質的に「100%自然エネルギー由来」「CO2 排出量ゼロ」の電気にします。

  • ※1固定価格置取制度による自然エネルギーの発電所にて発電された電力の環境価値は、国内制度により全て非化石価値として電力とは別に扱われ、非化石市場を通じて調達できることとなっています。
  • ※2自然電力は、供給電力量分の非化石証書を調達することで実質再エネ100%の電力を提供する予定です。ただし、市場取引によって購入するものであるため、十分な量を調達できない場合があります。実績は、年度ごとに報告いたします。

電源構成比について

  • ・今後、風力・小水力発電所からの供給が追加され、FIT電源比率を上げていきます。
  • ・実際の電源構成比については、「自然電力のでんき」の利用開始後、「マイページ」の中で、お知らせします。
  • ・電源構成比については、定期的に「HATCH(BLOG)」の中でもお伝えしていきます。
  • ※1「自然電力のでんき」がこのFIT電気を調達する費用の一部は、電気をご利用するすべての皆様から集めた再生可能エネルギー発電促進賦課金により賄われているため、費用負担や二酸化炭素排出係数の取り扱いが他の再生可能エネルギー源で発電した電気とは異なり、火力発電などを含めた全国平均の電気のCO2排出量をもった電気として取り扱われます。
  • ※2「その他」には以下の電気が含まれます。
    (1)他社から調達している電気の一部で発電所が特定できないもの
    (2)一般送配電事業者からインバランス供給を受ける電気
02

自然電力グループがつくった発電所から
電気を供給します

太陽光のみならず、風力、小水力等、その地域に適した資源を活用し、
日本中に自然エネルギーの発電所をつくっていきます。

那須豊原第一太陽光発電所

種類
太陽光
特徴
地元の再生可能エネルギーへの思いと、自然電力グループの企業理念が合致し、地域から多大なるバックアップを得て完工。隣接する那須豊原第二太陽光発電所と合わせて約3メガワットの再生可能エネルギーを提供する。
所在地
茨城県
発電出力
1.0
竣工
2014年3月

新茶第二太陽光発電所

種類
太陽光
特徴
ゴルフ練習場跡地を活用。自然電力グループ保有の6件目の太陽光発電所であり、九州で手がけた8件目のプ ロジェクトとなった。
所在地
宮崎県
発電出力
1.2
竣工
2015年5月

合志農業活力プロジェクト太陽光発電所

種類
太陽光
特徴
自治体と地域企業と自然電力グループが協働して、発電所の売電収益の一部を地域の農業振興に還元するプロジェクト。
所在地
熊本県
発電出力
1.0
竣工
2014年3月
自然電力がつくった発電所の
総発電出力
160MW
juwiがつくった発電所の
総発電出力
4,400MW
  • *自然電力は、ドイツのjuwi(ユーイ)社との合弁会社を設立し、日本国内の発電所の建設と運営・保守を行っています。
  • *海外の実績は、提携しているjuwi(ユーイ)社のものです。
  • *自然電力・juwiの総発電出力は、太陽光・風力の合計で、2017年10月末現在のものです。
  • *太陽等のイラストの地図上の位置はイメージで、完工実績を示したものではありません。
  • *東京・九州以外の各エリアにおいては、現在、供給計画を策定中です。
03

料金の内訳を開示します

料金をシミュレーション

よりフェアで透明性の高い料金体系を目指し、毎月の明細書にて「電力調達費」「託送料金」「再エネ賦課金」「事業運営費」の内訳を開示します。これにより、ユーザーが自分の支払った料金が何に使われるのかを知ることができ、電力自由化への理解促進につながると考えています。なお、電力調達費は、JEPX(卸電力取引所)(※)の市場価格に連動します。

※電気の日々の市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認できます。
http://www.jepx.org/market/


「自然電力のでんき」は、電気を買う費用(電力調達費)の一部を電力卸市場(JEPX)から調達しております。 市場連動型の料金体系を採用しているため、市場価格の変動が毎月の電気代に反映される旨ご了承下さい。

電気料金の内訳を透明性高く開示し、実際に電力の調達にかかった費用のみお客様にご請求させていただくために、 この料金体系を採用しています。

料金の内訳のイメージ

電気料金のご参考

「自然電力のでんき」の電気料金は、上記のように、「電力調達費」「託送料」「再エネ賦課金」「事業運営費」によって決定しますが、他社との比較のため、便宜的に、毎月固定でいただく「基本料金」と電気を使った分としていただく「従量料金」(再エネ賦課金は除く)に分けた場合の目安は以下の通りです。

エリア 基本料金 従量料金
北海道 181.44 円/kVA 27.34 円/kWh
東北 124.20 円/kVA 25.63 円/kWh
東京 140.40 円/kVA 24.03 円/kWh
中部 124.20 円/kVA 24.45 円/kWh
北陸 129.60 円/kVA 23.48 円/kWh
関西 194.40 円/(6kVAまで) 24.33 円/kWh
中国 129.60 円/(6kVAまで) 25.22 円/kWh
四国 210.60 円/(6kVAまで) 25.13 円/kWh
九州 140.40 円/kVA 23.55 円/kWh
  • ※基本料金の1kVAは10Aに相当します
  • ※上記の参考値は、消費税込みです。
  • ※沖縄エリアおよび離島へのサービスは、現時点で予定しておりません。
  • ※従量料金は市場価格に応じて変動する電力調達費が含まれます。上記金額は2017年1月から2017年12月までの1年間の市場価格に基づいた参考値で、実際に適用される単価とは異なります。
  • ※市場価格は、JEPXウェブサイトの「取引情報」から確認できます。http://www.jepx.org/market/
お申し込み
ページトップへ