明日のでんき速報

PRICE TRENDS

明日のでんき速報とは

「自然電力のでんき」の「電気を買う費用」は、市場連動価格の料金体系を採用しています。
マイページにて、明日の電気料金単価( 30分毎、確定値)を公開しております※。
安い時間帯に電気をお使いいただくことで、毎月の電気料金を下げることができます。
※毎日13時更新、従量電灯・低圧電力の30分毎の従量料金単価
※基本料金および再エネ賦課金は含まれておりません

電気料金単価グラフ(イメージ)

電気代をもっとリーズナブルに!カンタン 3 STEPS

STEP01

マイページにログイン、「明日のでんき速報」から
ピーク/オフピークの時間をチェック

ここでは、1日の中で30分毎の電気代(従量料金単価)の価格が高いことを「ピーク」、
安いことを「オフピーク」としています。


STEP02

オフピーク時に電気を使う/ピーク時に電気の使用を控える

例えば、冬季にエアコン(暖房)を毎日1時間×4か月、ピーク時間に「控える」と約3,000円、
電気代を削減できる計算です。
(消費電力1000Wのエアコンとし、2018年12月~2019年3月の毎日のSE30プランの
従量料金単価上位2つを用いて計算しています。)

STEP03

マイページで電気使用量を確認(翌日反映)

マイページにログインし、30分単位の電気使用量をご確認いただけます。
どれくらい電気使用量を抑えられたかチェックしてみましょう!

なぜ市場連動価格?

自然電力では、自然エネルギー(FIT電気)を調達すること、そして永続的な事業運営かつ料金体系の透明性の観点から、全国で初めて、家庭用の電力に市場連動価格を採用しました(2017年)。世界では徐々に拡がっています。

基本料金

電気を送る費用(基本料金)

ご契約電流に応じた金額

従量料金

電気を送る費用(従量料金)

エリアごとの単価×ご使用量

事業を行う費用

プランごとの単価×ご使用量

電気を買う費用

30分ごとの市場価格×30分ごとのご使用量

30分ごとに変動

再エネ賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金

年度ごとの単価×使用量

市場価格連動の詳細につきましては、料金プランページも併せてご確認ください。